更年期の薄毛の天敵=ストレス

更年期の間は、表れる様々な症状(※頭痛・動悸・眩暈・不眠・ほてり・イライラなど)故に、ストレスが溜まりやすいと言われています。

さらに、過剰なストレスは体内の血行にも影響を及ぼします。ストレスが自律神経を緊張させ、そのせいで血管が縮まってしまうのです。髪を育てる栄養は血流によって頭皮に運ばれています

血管が収縮することにより栄養が届かなくなると、栄養不足で髪はやせ細り最終的に薄毛になってしまいます。また、薄毛であることに悩むことで発生するストレスにより、さらに頭皮の血行不良に拍車を掛け、薄毛をより一層促進することにも繋がります。

では、そうしたストレスにはどう対処すれば良いのでしょうか?1つ目に挙げられるのは、医師に相談することです。不安や悩みを誰かに聞いてもらうだけでもストレスは大分軽減されます。また、専門家に診断してもらうことで自分の症状の状態を冷静に見つめ直し、把握する良い機会にもなります。

2つ目に挙げられるのは、育毛剤とウィッグ(部分カツラ)の併用です。育毛剤は塗布してすぐに効果が表れるわけではありません。また、効果が表れても最初の方は肉眼では感じにくいレベルです。そのため、育毛剤は根気強く塗り続けていく必要があります。

しかし、効果が十分に実感できる前は、薄毛のせいで他人からの視線が気になりストレスを感じる人は多いかもしれません。そうした人にお勧めするのがウィッグで気になる部分を隠すという方法です。これにより、他人の視線を気にする必要は無くなりストレスの軽減に繋がるのです。

また、白髪が目立つことを気にし白髪染めの使用を考えている女性の方も多いのではないでしょうか。しかし、白髪染めに含まれる添加物によっては、髪の毛に強すぎる刺激を与えてしまうこともあり使用においては注意が必要です。

その点において、無添加白髪染めの利尻ヘアカラートリートメントは心配要りません。選び抜かれた天然成分で出来ているため頭皮や髪の毛に悪影響を与えません。また、濡れた髪・乾いた髪の両方に使用でき、1回でしっかりと染まり掛かる時間もたった10分です。

薄毛の症状の悪化が心配で、白髪染めの使用を躊躇っている人にもお勧めです。