使用するシャンプーと洗髪方法に気をつける

使っているシャンプーの成分や洗髪の仕方も、薄毛の大きな原因の1つに数えられます。

更年期障害にて弱った髪に、成分の合わないシャンプーや間違った洗髪方法でマイナスの刺激を与えてしまうことで、薄毛を発症または促進してしまうことがあるのです。では、髪に適切なシャンプー及び洗い方とは、実際どういうものでしょうか?まず、洗髪方法から説明します。

シャンプーには、大きく分けて2つの目的があります。1つ目は「髪の洗浄」ですが、実はお湯で洗うだけでも80%の髪の汚れは落とすことができます。しかし、2つ目の「頭皮の洗浄」はシャンプーでしかすることができません。つまり、シャンプーの持つ主な役割は「髪の洗浄」ではなく「頭皮の洗浄」なのです。

髪を洗う時は、頭皮全体をできるだけ優しくマッサージするように洗うことをお勧めします。もしも、強く乱暴に擦るなどして頭皮が傷付いてしまうと、そのまま抜け毛に繋がることもあります。また、すすぐ時も頭皮にシャンプーが残らないよう十分注意することが大切です。

シャンプーのカスが残ってしまうと、それが頭皮に悪影響を与え薄毛を招いてしまうこともあるからです。したがって、リンスやコンディショナーを使う場合も最後に洗い流すタイプが適切です。

では次に、シャンプーの選び方について説明します。シャンプーの種類も、現代では石鹸系・石油系・アルコール系・アミノ酸系などと様々です。

しかし、これらの種類のシャンプーでは、弱った髪や頭皮には刺激が強すぎます。それを防ぐには、パッケージに表示されている成分種類が少なく(※成分が多く含まれているとそれだけ強い刺激を頭皮に与えてしまう)、髪・頭皮に近い性質である弱酸性系のシャンプー(pH5~6)を選ぶことが適切です。