女性用育毛剤の種類と注意点

薄毛への対策として育毛剤の使用を考えている女性の方も多いかと思います。しかし、育毛剤の使用は1つ間違えると無駄なお金の浪費や薄毛の症状悪化に繋がります。では、そうならないためにはどうすれば良いのでしょうか?

まずは、同じ育毛剤を最低半年間は使い続けることです。使い始めて1か月も経たない内に、「効果が目に見えて表れないから」と、すぐに別な育毛剤に乗り換えるという人は多いのではないでしょうか。しかし、それを繰り返していては、無駄にお金が浪費されてしまうだけです。

育毛剤というものは、どのメーカーのものでも効果が出るのに最低3~6か月かかると言われています。また、効果が出て髪が生えてきても始めの内は細かい産毛です。肉眼で確認できるまでの効果が出るには、最低でも半年間は使い続ける必要があります。

パントガールという女性用育毛剤は、特に髪が全体的に薄くなってしまう"びまん性脱毛症"に効果を発揮します。髪の成長に必要不可欠な成分を含有した育毛剤ですが、「女性の薄毛」に特化している点が特徴です。

また、高い発毛効果を持つミノキシジル含有の液体を頭皮に直接塗布するタイプのロゲイン2%という女性専用育毛剤もあります。2~4か月と比較的早い期間で効果が期待でき、深刻な副作用も無いので、パントガールと併用して薄毛を克服される方も多く見られます。